ライブバカラプレイする方法

自分のカジノでライブディーラーバカラをプレイする人は、自分が関わっているゲームに勝つために特定の戦略を採用する必要があります。すべてのプレイヤーが同じ戦略を使用する必要があるのは事実ですが、バカラは、特定のスタイルが確実に勝つ他のゲームとは異なります。これは、バカラにはさまざまなバリエーションがあり、特定のスタイルを保証することが不可能であるため、すべての状況に対して正確な戦略を策定することが少し難しくなります。ただし、ゲームのバリエーションの多くで勝つために利用できる特定のプレイスタイルがあります。これらの戦略を知っていると、バカラを獲得する可能性が高くなります。

最初のプレイスタイルでは、ジャックポットカードを検討しているジョーカーと7枚のカードを含む標準のバカラデッキを使用します。 2番目のスタイルは、通常のデッキのほんの小さなバージョンであるミニバカラをプレイすることです。どちらの場合も、最低賭け金はわずか2ドルですが、カードが少ないため、勝つために必要なプレーヤーは少なくなります。これらのゲームは通常、一度に3〜6人のプレイヤーがプレイします。

ゲームをプレイする別の方法はカードカウントと呼ばれ、デッキを実際に回転させる必要はありません。カードカウントでは、プレーヤーはカードの特定の組み合わせに賭けをします。ゲームは、利用可能な時間に応じて賭け金を増減するように調整できます。典型的なバカラカードカウントゲームでは、プレイヤーはデッキにカードを追加するにつれて、徐々に高い金額を賭けます。プレイヤーが勝った場合、賭け金は賞金の額だけ減額されます。これらのタイプのゲームは、世界中のカジノで見つけることができます。

プレイヤーががらくたをするとき、バカラディーラーはカードを裏向きに配ります。ゲームの開始時に、プレイヤーはそれぞれ2枚のカードを受け取ります。1枚は「ces」用です。その後、ディーラーは各人に裏向きに5枚のカードを配ります。その後、ディーラーは各プレイヤーに7枚のカードを配ります。これで、デッキには13枚のカードがあるため、最初の5枚のカードを受け取ったプレーヤーは、パス、選択、またはピークのいずれかを実行できます。

配られる最後の2つの手は「トリプルポット」と「チャリティーポット」と呼ばれます。ミニバカラゲームでは、各プレイヤーに3枚のカードを配っていることがわかります。チャリティーポットでは、各プレーヤーに7枚のカードを配っていることがわかります。これで、すべてのプレーヤーにカードが配られたら、目隠しが必要になります。これにより、どのプレーヤーも実際の手が何であるかを知ることができなくなります。目隠しを外すと、プレイヤーに新しいハンドが配られ、ゲームが続行されます。